英語の重要性

ユーロ

国際化が進む中、多くの方が「英語」の重要性を認識するようになってきました。その流れと共に、今日では様々な「英語」習得のための方法が開発・提案されるようになってきました。 基本的に、語学の習得で大切なことといえば、「継続性」になります。1週間に数時間まとめて学習するよりも、毎日数十分でも良いので、習得のために時間を費やす必要があります。どの技術を習得するにも「継続」が必要なように、他言語を習得し、自分のものにする際にも、同様のことが言えるのです。 近年、効果的に英語を習得するための方法として、「英会話スクール」に通う方が増えてきました。今日でも高まるニーズと共に、数多くのスクールが開校しています。多くのスクールでは、各自にあったレッスンが提供できるように、入校前に「体験レッスン」を行なっています。この際に、コース内容や授業料を確認することが出来ます。現在では、1対1のプライベートが主流になっています。この場合、日本人講師で月1万円前後の費用がかかります。ネイティブ講師の場合は、その倍の2万円から2万5千円前後必要になるスクールが、大半をしめます。

従来、必要とされていた「英語」は、読み書きを中心としたものでした。しかし今日では、コミュニケーション手段としての「使える英語」が求められています。これらは、従来のような文法書や単語集を丸暗記しても、なかなか習得できないものです。 この「使える英語」を習得するために、私たちを取り巻く環境も大きく変化してきました。一昔前に比べ「英語」を学習できる環境が整い、様々なツールを用いて学べるようになってきました。また英会話スクールでは、新しいコースを開設したり、受け入れ年齢を広げる等の工夫を行ない、ニーズに対応しています。 「英語が出来ない」、では済まない時代へと突入してきました。使える英語の必要性が声高に唱えられる中、より多くの変化が起こってくると考えられています。